ホーム » officekt の投稿 (ページ 2)

作成者別アーカイブ: officekt

インターネット回線の引越しについて

引 越しの際は電気、水道、ガスなどの引き継ぎの手続きを行いますが、ついつい忘れてしまいがちなのがインターネット回線の引き継ぎ作業です。新しく住む家で すぐにネットを利用したい方はもちろんのこと、違約金などを支払わずに済むためにも、ネット回線の確認や手続きは早めに行っておきましょう。今回は、そん なインターネット回線の手続きで注意する点をご紹介します。


■新居が現在使用しているネットに対応しているか
最近では、賃貸物件でも光回線に対応している物件が増えていますが、古い物件の中には、インターネット回線に対応していない物件もあります。もし対応して いなかった場合は、別途工事を行ってネット回線を開通しなければなりません。工事の期間は1日程度で済みますが、繁忙期だとなかなか希望の日に工事を予約 できないこともありますので、早めに申込みをしておきましょう。
また、近年では、最初からインターネット回線が無料で使えるアパートなども増えています。その場合は、現在使用しているネット回線を解約しなければならないので、よく確認しておきましょう。


■引越しの際届け出をするところ
引越しの際にインターネットの移転手続きをするためには、現在加入しているプロバイダとインターネット回線を提供しているところ両方へ手続きを行う必要が あります。例えば、現在NTTの回線を利用していて、プロバイダがOCNを利用していたとしたら、NTT(西日本/東日本)とOCN両方へ届け出を出す必 要があります。両方でしっかりと手続きを行わなければ、思わぬ追加料金が発生したり、引越してすぐにインターネットが使えないこともあります。
ちなみに、NTT西日本からNTT東日本など、エリアを超えた引越しをする場合は、専用の移転手続きの申込みができるページがありますので、そちらから申込みしましょう。

公共料金の変更手続きについて(種類と方法)-引越し情報

引越しにはさまざまな手続きが伴いますので、早めの準備が必要です。公共料金に関しては、水道は領収書や検針票に水道事業者の電話番号が記載されていますので、そちらに連絡を入れます。事前に引越しをすることを伝えておくと、引越し当日に担当者が訪問して精算するという流れになりますが、口座引き落としにしている場合には連絡だけで、線産後にその金額が自動的に引き落とされます。

連絡は1週間以上前に済ませておくとよいでしょう。新居では、メーターボックスに水止め栓がありますのでそちらをひねります。水道使用開始申込書が用意されていますので、記入して早めに郵送しましょう。水が出なかったり申込書がない場合には、そこを管轄する事業者に直接問い合わせます。

ガスに関しても水道と同じで、領収書や検針票に記載されているガス会社の営業所に連絡をして、現金払いの時には引越し当日に精算、口座引き落としは後日精算となります。大手の会社ではオンラインによる手続きも可能ですのでチェックしてみましょう。新居では、担当者が直接訪問して、立会をして開栓と安全確認をします。こちらも早めに連絡をして、当日きちんと立ち合いができるように予定をあわせておきましょう。

電気はオンラインの手続きと、営業所への連絡の二つの方法があります。連絡のタイミングや精算方法も他と同じですので、それほど面倒ではありません。新居では、ブレーカーのスイッチを入れること、電気使用開始申込書を記入して発送することを忘れずに行いましょう。

携帯は住所変更の連絡をすれば、その後は請求書が新居に届きます。時期が重なるなどで前住所に届く可能性もありますので、しばらくは郵便局に郵便物の転送届をしておくとよいでしょう。新聞は引越しの前月末日までに販売店に直接連絡を入れて解約を申し込みます。同じ新聞を新居でも読みたいという場合には、その旨も販売店に伝えておきましょう。

固定電話は電話のみ、電話とインターネット両方のどちらであっても、現住所を管轄するNTTグループのホームページから、オンラインで手続きをすることができます。その際にいつから電話を使いたいかということを伝えておくと、先着順で予約を入れて工事を行いますので、場合によってはすぐには電話が使えないこともあります。特に移動が多い時期に重なる場合には、早めに連絡を入れて希望の日時に工事をしてもらえるように手配しておきましょう。